賃貸のことならお任せ

賃貸のことがよくわかる

トップ / 賃貸のことがよくわかる

賃貸アパートの網戸の管理

賃貸アパートに入居していると、入居者自身が管理しなければならない備品があります。基本的に消耗品は入居者自身の管理です。網戸が窓に施工されている場合は、網戸の枠は不動産管理会社の管轄ですが、網戸の網は消耗品に該当してしまうため、入居者の管理になります。網戸の網が破けてしまったら、入居者が補修をすることになります。賃貸アパートを退去するときに、網戸の網が破けたままだと、補修費用は敷金から差し引かれます。もしも網戸の網が破けてしまっているのを発見したら、不動産会社に報告しましょう。

賃貸一戸建ての電球交換

賃貸一戸建てに入居していると、入居者の自己負担で交換しなければならないものがあります。代表的なものが電球です。室内の電球だけでなく、屋外の電球も対象になります。賃貸マンションの場合は、毎月の管理費の範囲内で、マンション建物内のエントランスや廊下の電球を交換してもらえます。一戸建ての場合は、玄関の屋外灯や、門扉の外灯の電球を自分で交換します。ガレージに電灯が設置されていれば、その電灯の電球も入居者が管理し、必要に応じて交換します。ただし、電灯器具そのものの不具合は、不動産管理会社の負担になります。

大阪市東淀川区 賃貸でお探しの方は
どうぞこちらをご覧ください。物件の検索がこんなに簡単にできるサイトはなかなかありません。お気に入りのお家探しをどうぞこちらから。

未公開賃貸物件の情報