間取りで賃貸を選ぶ

間取りの良い賃貸とは

トップ / 間取りの良い賃貸とは

賃貸物件は間取りの確認から

単身用のワンルームマンションなどは、一か月の家賃や立地条件などを中心に選びますが、家族で住む場合は、賃貸物件を決める前に間取りをよく確認しておきましょう。まだ、子供が小さいから別に気にすることはないと考えていても、子供の成長は早いものですぐに自分の部屋がほしいと言い出すようになります。でも、それだけの理由で住み慣れた物件を引っ越すのはもったいないので、そういった将来のことを考慮して賃貸物件を選んでおくと、失敗がありません。部屋の配置などは、普段働きに出ている旦那様より、圧倒的に家にいる時間の長い奥様の意見を取り入れるようにしましょう。

時代に伴う間取りの変遷

ファッションにも流行があるように、賃貸マンションにも間取りの流行があります。一番端的な例が2DKです。最近建設される賃貸マンションで2DKタイプのもは、まずありません。理由は、最近の入居者は間仕切られていない広い空間を好むからです。一般的に2DKは40�前後あります。ダイニングキッチンに部屋が2つというパターンです。しかし、これくらいの広さがあれば、1LDKタイプのマンションを建設した方が入居者受けが良いでしょう。新築だけでなく、築年数の経った2DKのマンションについてはリノベーションを行い1LDKタイプに変更する賃貸物件も多数出てきています。

未公開賃貸物件の情報